25年産植え付け

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2012年10月16日(火) 11:22 JST

お久しぶりです。さぼりにさぼって約1年ぶりの更新となりました…

えー、24年産の状況報告はほぼすっ飛ばし、いつの間にやら収穫・販売まで終了。ロンドンオリンピックも閉幕し、紅白歌合戦の司会まで決まってしまいました。ボケっとしていると、月日の流れるのは早いものです(´Д`)

さて、久々の更新話題は来年産のにんにく植え付け!

今年もJAにんにくの植え付けを行いました。面積は去年の半分以下と小規模ですが、うまくいくと良いですね。

JA佐野でにんにくを導入して4,5年目ですが思うようにならないことも多く、なかなか難しいです…やはり本場青森とは気候から何から違いますから、栽培面でも病気や肥大の善し悪しなど品質面の問題、また青森の大規模農家のような機械も入っていないので、作業面での大変さも大きいです。佐野にあった栽培管理や生産者の負担が少ない販売方法の検討も必要になってくるのでしょうね。産地としての課題はまだまだたくさんあります。

何はともあれ25年産栽培スタート!がんばります!

JAにんにく植え付け

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2011年11月 4日(金) 08:56 JST

2011年11月、JAにんにくの植え付け作業です。

             先月堆肥を入れ(取材無し)、マルチを張り(またしても取材無し…)、準備をした圃場ににんにくの種を植え付けました。JA職員数人でひたすら黙々と穴を開け、種を埋める作業。 

「秋の日差しの中、白いマルチがまぶしい。強ばった体を伸ばし、一息ついてふと視線を上げると、そこには植え付けを待つ圃場が延々と広がっている。いったいあとどれだけ植えれば終わるのか・・・」 こういう作業は一人でやってはいけません。すごく気持ちが暗くなります(--;) もっとも実際は数人でわいわいやりながら作業していますので、なんとか大丈夫ですけどね。

今年のJAにんにくは昨年の約3倍、10a強の圃場に150kgの種を植え付けました。ざっと見積もると売上げは・・・(☆_☆)キラーン  と単純にいけば良いのですが、何せ経費もかかってますので実際はどうですか(^^;)

                  圃場を上から撮ってみました。場所はJA界事務所の南側。日当たり良好、青果センターからの通勤にも便利な立地条件となっております。お近くにお越しの際にはどうぞお立ち寄りください(^^)

 

《おまけ》

・・・え~、今月正念場を迎えると言われているTPPへの交渉参加。JAグループとしては反対ということで、にんにくさん達にも応援してもらいました。実際現状のままで参加が確定し、何の対策も講じなければ農業のみならず医療・保険制度・金融・労働あらゆる面で影響が出ると言われています。とはいえ、TPPにしろ、FTAにしろ、この手の貿易交渉については「国の発展を農業分野が参加を邪魔してる!」とやり玉に挙げられるのが常です(--;)農業以外の影響についてはメリットばかりが挙げられて、多くの人は正確な全体像が見えていないのではないでしょうか。どうか公平な情報開示・報道をお願いしたいものです(素人にもわかりやすくね!)。

  仮にTPP参加した場合、どう影響があるのか、また悪影響が出る可能性がある場合は国内産業や人々の生活を守るために国としてどのような対策を講じるのか、全ての産業についてきちんと示していない点にも問題があると思います。どの分野でもそれぞれが生き残りのための対策を講じても、国の支え無しには限界がありますからね。「産業」「企業」とその一部の関係者が豊かになる政策ではなく、そこで働く全ての一般人が豊かになれる政策を立てて欲しいものです。そのために存在する政府ですから!

にんにくの話からだいぶ逸れてしまいました。あまり書くと長くなるし危険発言にもなりかねないので(?)今日のところはこの辺で。ごきげんよう(^▽^)ノ”

H23年産出荷スタート!

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2011年7月19日(火) 11:04 JST

・・・あまり関係ない話で盛り上がっているにんにく達ですが、実際なでしこジャパンの快進撃は素晴らしかったですね!日本中、世界中に感動を与えてくれた彼女達に改めて感謝と祝福を捧げたいです(^▽^)

さて、タイトルにもありますように、にんにくの出荷も7月15日から始まりました。今年は肥大期に雨が多かったので、品質に若干の心配もありましたが、何とか無事スタートです。JAで作ったにんにくは現在皮を剥いたり根を切ったりと調整中ですが(^^;)昨年並み~それ以上の猛暑が予想される今年の夏、皆さんぜひ佐野のにんにくを食べて乗り切ってくださいね♪

このブログを更新している7月19日現在、台風6号が近づいている影響でものすごい雨が降っています。事務所近隣の道路も冠水して消防車が出動する始末。皆様外出の際は十分気をつけてくださいね。

収穫しました♪

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2011年6月21日(火) 10:05 JST

こんにちは(^▽^)

 佐野は田植えがほぼ終了し、水を湛えた田んぼで早苗がそよそよと揺れています♪個人的には、田植えが済んだばかりの頃って1年で一番美しい季節だな~と思いますね(^-^)

 そして、にんにく。ついに収穫の時期を迎えました!先週のうちに講習会を実施し、糖度を確認していよいよJAにんにく収穫は20日に決行です。

畑にしっかり生えているにんにくを掘り出すのは非常に大変なので、今回は助っ人に来てもらいました。                                         彼が助っ人さん。トラクターの後ろにちょっと特殊な爪が付いています。これで耕せば土も掘りやすくなるし、にんにくが表面近くに浮き上がってくるので収穫がかなり楽になります(^▽^)

                     どんどん引っこ抜きます。このところ雨が多かったので一部腐れもあり・・・水はけは圃場の条件にもよるでしょうが、今年は規格外が多いかも!?

収穫ほやほやのにんにく・・・あれ?何か違うような?                  

間違えました。にんにくはこちら。上の写真はにんにくの隣で作っていた玉ねぎです(^^;)     

何とか雨に降られず収穫完了しました。この後乾燥施設に放り込み、しっかりと乾燥させます。

H23年糖度測定

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2011年6月 3日(金) 14:36 JST

こんにちは。梅雨空が続く中、皆様いかがお過ごしでしょうか。カビ生えたりしてませんか(^^)?本日は数日ぶりの晴れ間。太陽が出るとなんだかほっとして、それだけで気持が明るくなりますね、人間お天道様と向き合って生きねばなりません♪

さて、今年もそろそろ収穫の相談。という訳で、試験的に何本か抜いて糖度測定をしました(私ではなく先輩方が)。            今年は少し生育が遅れているかな~との話ですが、どうでしょう?

           裸に剥いてみました(笑)。

              ぎゅっと絞って汁の糖度を測定します。使用しているのはラーメン屋さんやレストランなどで使用するにんにく絞り器。これなら手を汚さず、臭いもつかずで便利です(^▽^)

測定結果は多くが25~26程度でした。葉も青々としているものが多いから仕方ないかな?収穫はもう少し先のようですね。近々収穫の講習会も行う予定です。

 

にんにくツイート

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2011年3月31日(木) 19:17 JST

                         「あら、あなたずいぶん久しぶりじゃない?」

うっ…すみません。あの、このところちょっと色々ありまして…決して忘れていたわけでは・・・(@Д@;)

                    「このところって言っても、もう半年もブログ更新してなかったでしょ」                  

「植え付け作業の様子なんかもブログにアップしてくれないし」

「植え付け後も大変だったんだよね。直後に大雨が降って圃場に水がたまったから、植え穴からせっかく植えた種があふれ出てきてさ」

「で、あなたの先輩や上司が植えなおしてくれたの」

・・・・・・はい、聞いています。

                   「そうして年が明けたら今度は1か月以上まったく雨が降らなくて…」

「すっかり干からびて葉がちょっと枯れちゃったのよねぇ。マルチがある分まだましだったかしら」

・・・それは大変でしたね・・・

                      「やっと暖かくなって雨も降るようになったから良かったわ。なかなかいい感じに育ってるでしょ?」

そうですね、すごくいい感じです(^^)

「でも今度は大地震があったし、福島原発から放射性物質が栃木県にまで飛んで来てるんですって?かき菜も出荷制限かかったと聞いているし、私たち大丈夫でしょうね?」

それはまあ、皆さん土の中だし、マルチもしてあるから影響はあまりないと思いますが・・・というか、大丈夫でないと困ります!

                     「まあ、何にせよ今後はもう少しマメに様子を見にきてよね、雑草だってかなり生えてきてるし」

はい、心得ました・・・近々草むしりですね。

 

長々と更新が滞ってしまい、すみませんm(_ _)m 今後はもう少しマメに頑張ります。

以上、23年度にんにくさん達のつぶやきでした。

ようやく秋・・・

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2010年9月30日(木) 14:02 JST

こんにちは。9月末、秋の気配が深まる今日この頃でございます。                         写真のように、いつもならお彼岸前に咲く彼岸花が今になって見頃を迎えています。気温も下がり一気に秋モード。佐野市では稲刈り真っ盛りです。新米シーズン・・・今年は夏が暑すぎたので品質があまり良くないようです(汗)おまけに先日仮渡し金額が出ましたが、値段も良くない(泣)米ほど安い食材はないと言うけど・・・農家はボランティアでお米作ってるわけじゃないんだよお °・(つ□`)・°・ みんなお米たくさん食べてねm(_ _)m

えー(・_;)、気を取り直してにんにくの話題。

おかげさまを持ちまして本年産のにんにくはほぼ販売終了。現在は多少在庫がある規格外を地元で細々と(?)販売しています。そうこうしているうちに次年度産の準備もスタート。生産資材や青森から届いた種子を生産者に配布中です。

今年もJA職員によるにんにく作りを計画中。作業の様子をまたアップしますのでよろしくお願いします(^^)

 

 

平成22年産目揃え会

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2010年7月14日(水) 16:06 JST

というわけで、目揃え会です。

目揃え会では、皮むき、根切り等の調整について説明、出荷規格の確認、栽培履歴提出のお願い・・・などを行いました。そして先日JAで用意したにんにくを見本に現物確認します。                                   規格もA品~規格外まで、さらにサイズごとに分けたりと結構種類ががあります。まあ面倒くさいったら( ̄□ ̄;) 目揃えで現物を見ながら「この程度はA品かB品か?」など確認。生産者には大変ですがもう一仕事していただいて、いよいよ出荷スタートです!

出荷に向けて

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2010年7月12日(月) 14:37 JST

こんにちは(^▽^)

時節柄雨が多くすっきりしない天気が続いていますが、セミの声が聞こえるようになり夏の気配が少しずつ濃くなってきましたね。夏と言えば花火にお祭り♪皆さんはどこにお出かけしますか?

さて、先月収穫して乾燥施設に放り込んでおいたにんにく。先週乾燥を終了し、各生産者へ引き渡されました。今度は出荷のための化粧直しです。

まず、泥まみれの皮をむきます。当然手作業・・・         

続いて根っこをきれいに取り除く。これには専用の道具を使います。                          これは根切り用のナイフ。使うときは気をつけないと指をざっくり、血の海が・・・                         一方こちらは専用機械。青森のにんにく農家はみんなこういう機械を使ってるようです。コツがいりますが早くて楽ちん♪かも。

   before                      after      

こんな感じで次々に調整していきます。と、言うのは簡単ですが実際の作業は面倒だし大変。農産物をいただくときは生産者のこうした苦労にも感謝しつつ・・・( ̄人 ̄) ですよ、皆さん!

明日(7月13日)は目揃え会。規格を確認したらいよいよ選別・出荷となります♪

にんにく栽培日記⑤収穫しました

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2010年6月11日(金) 11:07 JST

前回、「来週収穫予定」と告知したJAにんにく。急遽10日に収穫を行いました(だって梅雨に入っちゃうんだもん。雨が降ったら収穫できないでしょ)。

こちら収穫ほやほやのにんにく。                     収穫作業はすべて手作業・・・ではなく機械で掘り起こしてから引っこ抜けたにんにくを拾っていく、という感じになります。その作業風景の画像は企業秘密なので載せられません。・・嘘です。単に撮りそびれただけ(--;) 泥を落とし、余分な葉と根は取り除いて乾燥前の下処理は完了です。

              こちらはハウスのにんにく収穫。このハウスでは次作用の種にんにくを栽培してました。にんにくの種は購入すると高いので、自分たちで種を確保することで少しでも生産者の経費を抑えようという試みです。虫や病気が入ってこないウイルスフリーの環境にするためハウスで管理してたんですね。え、でも雑草が多いって?だめですよ余計なとこ見ちゃ。

                     そしてコンテナに詰め、例の乾燥ハウスへ入庫する。生産者が収穫したにんにくも受付中です♪